ドトールの返却口はどこ?片付け方や素敵な返却方法まとめ!

全国展開をしていて、どこの店舗に行っても安定の美味しさ・居心地の良さを提供してくれるドトールコーヒーショップ。

お友達とのお茶はもちろん、リラックスしたい時や、少し集中して作業したいときなど、さまざまなシーンで利用しやすいカフェです。

しかし、普段は昔ながらの喫茶店などに行き慣れていて、この様な形式のカフェに行き慣れていない方は、利用方法に一瞬戸惑ってしまうこともあるのではないでしょうか?

さて、この記事では、ドトールを利用したあと、食器やマグカップはどうしたらいいのか?!返却口はどこにある?片付け方はどうするのか?

基本的なことですが、疑問に思う方もいらっしゃると思いますので、改めてまとめてみました。

素敵な返し方も少し考えてみましたので、ご参考になれば嬉しいです。

スポンサードリンク

飲み終わった食器は返却口へ!ドトールは完全セルフサービス

ドトールは完全セルフサービスのお店です。

お店を去る際は、使い終わった食器を返却口へ戻しましょう

返却口の場所は大体、注文コーナーの近くにあるお店がほとんどです。

食べ終わったものを指定の場所まで運ぶシステムはマクドナルドと同じですね。

少し違うのは、マクドナルドはトレイを直して、尚ゴミを分別して捨てるまで必要になりますが、ドトールは返却口に置くだけで大丈夫です。

店員さんに渡すのもあり!

返却口が見当たらなかったり、棚がいっぱいで置くスペースがないような場合は、直接店員さんに渡して直してもらいましょう。

喜んで受け取ってくれるはずです。

その時は、ぜひ「ごちそうさまでした」の一言を添えてみてください。

品格がアップします。

これはNG!やってはいけない片付け方

返却口に返すだけでOKと書きましたが、これをやっては品格が下がる!という片付け方を紹介します。

⑴飲み残しのコップにゴミをまとめて入れる

出たゴミは一つにまとめたくなるので、ついついやってしまうことかもしれませんが、飲み終えていないコップにゴミを全部入れて返却する。

これはNGな片付け方です。

なぜかというと、燃えるゴミ、燃えないゴミをきちんと分別されているので、もし混ざったりしていたら、飲み物が染み込んだゴミを分別しなければなりません。

また、分別する必要がなくても、水分を含んだゴミは重くなりますし、匂いもありますね。

・燃えるゴミ
・燃えないゴミ
・飲み残し

大人のマナーとしても、ぜひ分別しやすいようにしておいてから返却してください。

⑵席に置きっぱなしでお店を去る

これは喫茶店やレストランによくいき、セルフのお店に行き慣れていない方はついやってしまうかもしれませんが、飲み終わりの食器類を席に置いたままお店を後にする。

これはドトールのような完全セルフサービスのお店ではNGです。

なぜかというと、席にものが置いてある=まだ利用中という認識がされるからです。

もう店外に出ているというのに、スタッフがテーブルを拭きにいくこともできなければ、新しく来たお客さんも座ることができません。

大変迷惑な行為になりますので、ドトールだけではなく、セルフサービスのお店では、利用後は必ず返却口へ戻しましょう。

スポンサードリンク

ドトールの返却口はどこ?【まとめ】

いかがでしたでしょうか。

今回はドトールコーヒーショップを利用した後の片付け方についてまとめてみました。

片付け方は

・返却口へ持っていく
・店員へ渡す

と、とても簡単です。

その後片付ける店員さんの気持ちになって、片付けやすい状態で返却できる様になったら、素敵な大人の第一歩です。

このような普段何気ない行動で品格が出ますので、ぜひ意識して行動できるようにしてみてください。

Follow me!