スターバックスのグルテンフリーとは?ダイエットに向いてる?

あなたはグルテンフリーについて知っていますか?

グルテンフリーとは、小麦を摂取しない食事法のことです。

海外のスポーツ選手による情報発信をきっかけに、この考え方は世界中で広がりました。

スターバックスはアレルギーに関する意識が高く、実際にグルテンフリーのドリンクやフードを多く扱っています。

しかし、グルテンフリーに関する情報は誤った情報も多いです。
(例えばダイエット効果がある、など)

この記事ではグルテンフリーについてしっかりとした知識を身に付け、かつスターバックスにおけるグルテンフリーのドリンク・フードメニューの活用方法を知って頂ければと思います。

是非最後までご覧下さい。

スポンサードリンク

グルテンフリーについての基礎知識

先述した通り、グルテンフリーとは小麦を取らない食事法のことを指します。

元々は、「セリアック病」という病気の食事療法として作られたものであり、ここ数年の健康志向の高まりによって広まりました。

セリアック病患者の他にも、グルテン不耐症や小麦アレルギーを持つ人にとっても有効であり、グルテン関連の食物アレルギーを持つ人が健康を保つ為に最も効果的な食事療法です。

グルテンフリーはダイエットに向いている?

グルテンフリーはダイエット効果があるという情報が散見されますが、基本的に全て誤った情報です。

グルテンフリーの食事法を活用することで健康が保てるのは実は一部の人だけであり、健康な人がグルテンフリーに手を出すとかえって不健康になるケースもあります。

小麦を取らないことによって栄養が偏り、様々な病気になりやすくなるなど、グルテンフリーによって得られるダイエット効果は科学的根拠に欠ける話ですので、あくまでひとつの食事療法であることを忘れてはいけません。

小麦が含まれる料理はかなりの数になりますので、実際食べられるものも激減します。

ダイエットのみを目的としている場合は、別の食事法を選択すべきでしょう。

スターバックスのドリンク・フードメニューにグルテンフリーはある?

スターバックスのドリンク・フードメニューには小麦を含んでいないものが数多く揃えられています。

企業としてアレルゲンに対する意識が高く、体質問わず様々な人にスターバックスのメニューを楽しんでもらいたいという考えがあるからです。

スターバックスのグルテン情報を簡単にまとめます。

ドリンクについて

スターバックスのほとんどのドリンクがグルテンフリーとなっています。

唯一小麦が含まれているドリンク用の材料がチョコレートチップです。

その為、チョコレートチップが材料に含まれている以下のメニューだけがグルテンを含んだドリンクとなります。

-コーヒー&クリームフラペチーノ
-ダークモカチップフラペチーノ
-ダークモカチップクリームフラペチーノ

その他、チョコレートチップをカスタムに加えたドリンクはグルテンを含みます。

フードについて

スターバックスのフードのメニューには、小麦が含まれるものが多くあります。

しかし小麦を含まないフードメニューもありますので、グルテンフリーを希望する人は以下のメニューから選ぶと良いでしょう。

-ポテトチップス(シーソルト)
-トルティーヤチップス(アボカドクリームチーズ)
-アフターコーヒーミント(ラ・フランス)

以上に挙げたもののみがグルテンフリーとなります。

しかしながらすべてパッケージフードであり、ペストリーやデザートは全て小麦を含んだ商品となりますので、選択肢はあまりないと言えるでしょう。

また、小麦以外を含めたアレルゲン情報については公式サイトでも詳しく解説されていますので、気になる人はそちらもご覧下さい。

スポンサードリンク

スターバックスにグルテンフリーメニューはある?【まとめ】

スターバックスのメニューにおけるグルテンフリーについて解説しました。

グルテンフリーは直接的にダイエット効果はないものの、スターバックスのドリンクを楽しむうえでは知っておいた方が良いかと思います。

また、スターバックスではその他のアレルゲンに対応したメニュー(ソイミルク・オーツミルク・ディカフェなど)を多数取り揃えています。

興味のある人は是非試してみてはいかがでしょうか。

Follow me!