スタバのリユーザブルカップ180円が売り切れ?について徹底解説!

私がスタバでドリンクを購入する時、楽しみにしていることがカップのデザインです。

白地で真ん中に緑色の“セイレーン”、裏側には、IDボックスが描かれています。

そのシンプルなデザインが、持ち歩いてるだけで“大人な女性”を演じられるようで好きなのです。

そこにちょっと“thank you!”なんて書かれていたら、捨てるに捨てれない...そんな気持ちになりませんか?

季節ごとに少しだけデザインも変わっていて、バレンタインの時は、IDボックスがハートマークになっている時もあって、コレクションしたくなりますよね。

そんなおしゃれなスタバのカップが、同じデザインのままリユーザブルカップとして販売しているのを知っていますか?

私もいくつか持っているのですが、すごく使い勝手がいいのです!

今回はそのリユーザブルカップについて調べていきます。

スポンサードリンク

スタバのリユーザブルカップとは?

リユーザブルカップとは、“リユーザブル(reusable)=再使用・再利用可能なカップ”のことです。

使い捨ての紙カップやプラスチックカップとは異なり、繰り返し使える環境に優しいカップなのです。

本体とフタがセットで販売されていて、材質はポリプロピレンです。

耐熱温度はカップ本体が<120℃>、フタが<100℃>となっています。

熱いドリンク、冷たいドリンクどちらも対応していて、電子レンジの使用も可能な高スペックです!

電子レンジを使用する際は、フタ部分が変形したり、溶けてしまう恐れがあるので外して使用してください。

スタバのリユーザブルカップの販売金額は?

現在スタバでは、少し前まで取り扱いしていた、355ml 180円のリユーザブルカップ、単体では売り切れのようです。

定期的に販売するので、もしかしたらまた販売するかもしれませんね。

過去に販売していたリユーザブルカップを一部紹介していきます。

リユーザブルカップ 475ml

2年前くらいに販売していた記憶がありますが、値段は300円ほどだったと思います。

店舗ではグランデサイズのドリンクを入れることが出来ました。
ペットボトル1本分くらいの大きさで、日中の水分補給に重宝しています。

SAKURA リユーザブルカップ 475ml :350円

桜のリユーザブルカップは、セイレーンマークの周りに桜の花が散りばめられていて、白地のカップとのバランスがとても可愛いのです。

このリユーザブルカップの販売から1ヶ月後に、巾着袋とセットで5個分のリユーザブルカップが販売していたと思います。

色違いで5色入っていて、姉と妹に配った記憶がありますが、今でも愛用してくれていることが嬉しいです。

リユーザブルカップ 475ml(カップアート):350円

一昨年に開催されたカップアートコンテストで、投票の元選ばれた4つのデザインがリユーザブルカップとして販売したのが昨年の秋。

このカップアートがどれも可愛くて、全種類揃えたいよくを抑えるのが大変でした。

密かに応募していたのですが、皆さま桁違いにお上手でびっくりしたことを思い出しました。

リユーザブルカップ 355ml:180円

こちらが少し前まで販売していたリユーザブルカップです。

店舗ではトールサイズのドリンクが入れられますが、程よい使い勝手で、何より値段が180円という価格なので、手を出しやすいですよね。

フタの飲み口が開いているため、飲み口に差し込む専用のドリンクホールキャップが販売していたのですが、早々に売り切れてしまっていたのが残念でした。

タンブラーもそうなのですが、毎回欲しくなってしまうようなデザインで販売されるので、さすがだなぁと思わずにはいられませんよね。

現在販売しているスタバのリユーザブルカップは?

店舗やオンラインショップの在庫によって販売していない場合もありますが、現在は2種類のリユーザブルカップが販売しています。

カラーチェンジリユーザブルコールドカップ 709ml:550円

こちらは大容量のなんと709mlでレッドとグリーンの販売です。

冷たいドリンクを入れるとカップの色が変わる不思議な構造です。

耐熱温度は<110℃>ではありますが、暑すぎるドリンクには対応していないのでご注意ください。
ストローもセットでついてきて、夏を楽し曇り上げてくれるようなカラーが印象的ですね。

スターバックスヴィア アイスコーヒー12本入り&リユーザブルカップセット:1728円

スターバックスヴィア アイスコーヒーとは、毎年夏に、アイスコーヒーとして淹れてもしっかりコクがあって、すっきりとした後味のコーヒ豆として販売しているアイスコーヒーブレンドをインスタントタイプで販売しているもの。

そのヴィアとセットで販売しているリユーザブルカップは、大きさは記載されていませんが、355ml(180円)のものと同じか、ショートサイズ分の237mlのどちらかだと思います。

どちらにしても、ヴィア1本分で作れるアイスコーヒーが余るサイズなので、セットで使うのは良いですね。

スタバのリユーザブルカップを使用する注意点

ホットドリンクは持ち手が熱くなり、アイスドリンクは結露します。

真空構造やステンレス素材と異なり、カップの外側まで温度が伝わってしまうため、熱いドリンクを入れる場合はスリーブを着けるといいでしょう。

スタバでリユーザブルカップを購入するとその場でドリンクをカップに作成してくれますが、ホットドリンクで温度が熱くなりすぎるもの関しては、何も言わずスリーブを着けてくれます。

反対に氷を入れたドリンクだと表面に結露が発生してしまうので、コースターなど利用すると良いでしょう。

フタの開け閉めが固い

リユーザブルカップは、タンブラーのようにフタを回して閉めるタイプではなく、カップにフタを押し付けて閉めます。
音がなればしっかり閉まっていることになるのですが、思いのほか力を込めないと閉めが甘いので注意が必要です。

ちなみに開ける時にも力がいるので、爪を傷つけないように気をつけて下さい。

飲み口が常に開いている

通常スタバでお持ち帰り用にホットドリンクを購入した場合、飲み口からこぼれないように“マドラー”で栓をしてもらえます。

ですが、リユーザブルカップにドリンクを入れてもらう場合は、飲み口にマドラーがはまらないため、こぼれやすく持ち歩きには適していないと言われています。

ご家庭で飲む分には、スタバ気分を味わえるので良いとは思いますが、持ち歩く際はき注意が必要ですね。

スポンサードリンク

スタバのリユーザブルカップ180円が売り切れ?【まとめ】

環境に配慮した製品をいち早く取り入れ、リーダーシップをとっているスターバックス。

今や紙カップはもちろんのこと、アイスドリンク(フラペチーノ以外)を入れるカップも環境に配慮した素材に変わっています。

スタバでは、ご持参したタンブラー類、またはリユーザブルカップにドリンクを入れることで、20円のカップ値引きとして皆様に還元する取り組みを推奨しています。

スタバに限らず、カップ値引きを行うカフェは増えていますよね。

新型コロナウイルス感染症の感染予防対策で、一時は廃止されていましたが、今は再開されています。

こうした少しの取り組みで未来が明るくなるのなら、私たちも進んで協力していきたいですね。

Follow me!