ロッテリアでキャッシュレスできる?支払い可能な方法を解説!

飲食店においてこれまでは現金で支払うのが当たり前でした。

それが今ではキャッシュレスで支払いができるお店が増えました。そしてキャッシュレス支払いの種類も増えました。

普通、ハンバーガー店だと現金で支払うイメージが強いですが、人気ハンバーガーチェーン店「ロッテリア」ではキャッシュレスの支払い方法が可能でしょうか。

やはり、ここはさすが「ロッテリア」。

キャッシュレスでの支払いも可能です。しかし、すべてのキャッシュレス決済ができるのではなく、支払い方法によって異なります。

そこで今回は「ロッテリア」でのキャッシュレスの支払い方法についてみていきたいと思います。

スポンサードリンク

ロッテリアのキャッシュレスの支払い方法

キャッシュレスといってもクレジットカードを始め、電子マネーやスマホ決済など支払い方法はいくつかありますよね。

ここ「ロッテリア」では

①クレジットカード→使える
②電子マネー→使える
スマホ決済→使えない</div>
となっています。

それぞれに種類があるので、さらに詳しくみていきたいと思います。

クレジットカード

・VISA
・JCB
・MasterCard
・アメックス

などありますが、これ以外を使用した時は店舗で確認した方が安心ですね。

電子マネー

・WAON
・nanako
・楽天Edy
・iD

交通電子マネー

・PASMO
・Suica
・manaca
・Kitaca
・nimoca

など地方で使える電子マネーもあるので各店舗で確認してくださいね。

スマホ決済

昨今では当たり前のようになっていますが、ロッテリアでは残念ながらまだ利用できません。今後導入を検討されているようですので今後に期待したいと思います。

お得なキャッシュレス支払い情報

その他、ロッテリアでは、お得なキャッシュレスの支払い方法があります。例えばロッテリアはTポイントの加盟店なので、支払い前に提示すれば200円につき1ポイントが貯まり、1ポイント1円でTポイントでの支払いも可能です。

Tポイント加盟店は飲食店から雑貨店まで数多くあります。私も気にせず買い物していて、ふとレジでTポイントのマークを見つけたり、店員さんに提示を求められることがあります。

そんな時は、予想していなかったTポイント付与になんだかお得感を感じて嬉しくなります。以外なお店でもTポイント加盟店であったりすることがあるので、買い物ごとにこまめに使うと案外早くポイントが貯まりますよね。

しかし、私もよくあるのですが、支払い後にTポイントの提示を忘れたことに気づいて、支払い後に提示してもポイントは付与されないので注意が必要です。特に高い料金を支払う時は、損害ポイントも高いので気をつけたいものです。

前述したとおり、スマホ決済は使えないのですが、いくつかクレジットカードを持っている方は、クレジットカード会社によって還元率が違うので、少しでも還元率の高いクレジットカードを使うことをおすすめします。

その例として楽天カードやPaypayカードがありますが、これらを使うと100円につき1ポイント付与されるので、利用する額が小さくてもどうせ使うならお得にポイントを貯めたいですよね。

スポンサードリンク

ロッテリアのキャッシュレス決済【まとめ】

これまでコンビニや薬局、ハンバーガー店においてもそうですが、単価の安いお店では現金払いが当たり前の世の中でした。

それが今では、少額でもキャッシュレスで支払うことができるようになりました。

最近ではキャッシュレスでの支払いが飲食店に限らず雑貨店や日用品店など、あらゆる分野のお店で利用できます。

現金を持ち歩かなくてもよいので、特に高い買い物をするときはとても便利だと思います。

ただ、キャッシュレスの支払い方法を利用するとしても、クレジットカードや電子マネーなどいろいろありますが、利用することによってポイントが付与されるのであれば、ポイントが貯まるお得な方法で使いたいものです。

「ロッテリア」ではキャッシュレスの支払い方法として
①クレジットカード
②電子マネー
は使うことができます。

今はまだ使うことができないスマホ決済も、いずれ導入する方向で検討されているので今後の「ロッテリア」に期待したいですね。

Follow me!