倍ビッグマックの食べ方は?コスパやカロリー、時間についてまとめました

夜マックでは、100円をプラスするだけで15種類の定番バーガーのパティやフライが倍になる「倍バーガー」が販売されています。

倍ビッグマックはなんと、パティが4枚に!

中でもボリュームがあって、美味しいけどレタスが散らかって食べにくいと言われる「倍ビッグマック」のきれいな食べ方って気になりますよね。

今回は「倍ビッグマック」の食べ方やコスパ、カロリー、販売時間について詳しく解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

倍ビッグマックの食べ方は?

通常、パン3層にパティ2枚、レタスやタマネギみじん切りの生野菜にピクルス、下の段にはチーズが挟まれている構造になっています。

しかし、「倍ビッグマック」はパティが4枚に大増量

かなりボリュームで食べごたえもアップしますが、レタスがこぼれてきて食べづらそうなので、食べやすい食べ方について調べてみました!

(1)紙に包んでもらう

ビッグマックや倍ビッグマックは箱で梱包されています。

箱から取り出して食べるとレタスがこぼれてしまいますので、注文時に「紙に包んでください」と伝えると、紙に包んでもらえます。

紙に包んで食べることによって、多少こぼれにくくなるかもしれませんね。

(2)つぶして食べる

ボリュームがある食べにくいので、押しつぶすと高さが3分の2ほどに圧縮されます。

ビジュアルは若干悪くなりますが、「食べやすくなる」という方もいらっしゃいました。

個人的には紙に包んでもらった方が、レタスがこぼれても食べやすくなるように思います。
気になる方は、ぜひ「倍ビッグマック」を試してみてください!

倍ビッグマックはコスパがいい?

ビッグマックは単品で390円。

倍ビッグマックは、100円プラスで490円。

ビッグマックは元々パティが2枚ですが、倍ビッグマックにすると、パティが2枚→4枚に増量され、パティ4枚にチーズ・レタス・ピクルス・特製ビッグマックソースをゴマバンズで挟まれているので、かなりのボリュームになります。

100円をプラスするだけで食べ応え抜群の倍ビッグマック、これはかなりコスパがいいのではないでしょうか。

倍ビッグマックのカロリーはどのぐらい?

倍ビッグマックのカロリーは、驚異の724kcal!
かなりのハイカロリーです。

*同じカロリーの食べ物で例えると?

(1)ごはん(白米)1.4合分
(2)ちくわ20.7本分
(3)食パン(6枚切り)4.5枚分

など、ほかの食品に例えるとかなりのボリュームがあることがわかります。
カロリーは高いですが、満足感も増えますね。

倍ビッグマックの販売時間は?

夜マックの販売時間は、24時間営業の店舗、17:00〜翌4:59まで。

夜マックのメニューは、夜だけの販売となっていて、終了の販売期間は発表されていません。

倍バーガーは、基本的に定番の15種類のレギュラーメニューのみにしかできず、期間限定商品・ハッピーセットは対象外ですのでご注意ください。

今回は、倍ビッグマックの食べ方やコスパ、カロリー、販売時間についてまとめました!

100円プラスするだけでパティが4枚食べられるのはかなりお得なので、満足感も得られてお肉が好きな方にはおすすめしたいですね。

スポンサードリンク

倍ビックマックの食べ方は?【まとめ】

ビッグマック以外にも15種類の定番レギュラーメニューが倍にできるので、普段はランチタイムにしか利用されていない方も、ぜひこの機会に倍マックを試してみてはいかがでしょうか?

ちなみに個人的な感想ですが、倍フィレオフィッシュを注文される際は、タルタルソースを「多め」に注文するのがおすすめです。

フィッシュフライの主張が激しく、ソースの味がかき消されてしまったという思い出があります。
最後までご覧いただきありがとうございました!

Follow me!