ビッグマックが小さくなったのはデマ?噂の真相を徹底究明!

マックの人気商品の「ビックマック」はその名の通り大きなハンバーガーでボリューム満点です。

マックに行ったら必ず頼むという人もいるのではないでしょうか。

そんな人気の「ビックマック」ですが、昔と比べて小さくなったのでは?と噂が流れています。

近年マックからは「ビックマック」を小さくしたというお知らせはありません。

ではなぜ小さくなったと言われているのでしょうか。コッソリと小さくしているのでしょうか。

ということで「ビックマック」の大きさの疑惑について調べてみました。

スポンサードリンク

世界のビックマックの大きさ

実は「ビックマック」の大きさはほぼ世界共通です。

アメリカの方が大きそうなのに意外ですよね。若干の差はありますが日本の「ビックマック」は225gで、アメリカは214g、カナダは205gとほとんど同じです。

#ビックマック指数
ビックマック指数とは年に2回世界的な経済誌「エコノミスト」から発表されている経済指標です。

「ビッグマック」は世界中の国で販売されており、大きさだけでなく材料や調理法なども同じ商品です。

そこで世界共通のビッグマックを基準にして、物価水準や為替相場を比較したのがビッグマック指数です。世界経済の指数になっているなんて凄いですよね。

あくまでも噂ですがビックマックが小さくなったのは7~8年前らしい

正確なソースはありませんので噂程度の話ですが、発売当初と比較すると実際に「ビックマック」は小さくなっています。

サイズに変更があったのはおそらく7~8年前ではないか言われています。

「ビックマック」は1967年から販売されていますが、1070年代の写真と比較すると確かに小さくなっています。

最近ビックマックが小さくなったと言われる原因

近年では「ビックマック」を小さくしたという情報が無いにも関わらず、なぜ小さくなったと言われるのでしょうか。考えられる原因は2つあります。

包装紙が変わったから

「ビックマック」は包装紙から現在の箱型の容器に変わっています。

同じハンバーガーを包み紙に包まれている物と、一回り大きい箱型の容器に入れてあるものと比較すると、目の錯覚で箱型の容器に入れてある物の方が小さく感じました。

また箱型の容器もよりエコな容器に変更されたりと何度かリニューアルしています。バーガーに変わりは無くても、容器が変わったことで、小さく見えたのかもしれません。

子供から大人になったから

子どもの頃のお気に入り玩具を久しぶりに見たら、小さく感じた経験はありませんか?それと同じ現象がマックでも起きている可能性があります。

子どもの頃に食べた時は大きな口を開けて頬張りながら食べて、1個食べただけでお腹いっぱいになった「ビックマック」の記憶が、大人になってから食べるとペロリと食べられるようになり小さくなったと感じてしまうのかもしれません。

サイズが小さくなっても仕方ない?

マックから「ビックマック」を小さくします!というお知らせはありませんが、実際に小さくなっていても仕方ないのかもしれません。

「ビックマック」の価格は変わっていませんが、原材料費や人件費といったコストは日々高騰しています。大きさも価格も昔とそのままなんてことは不可能です。

仮に大きさを変更する際はお知らせしてくれるでしょう。

ビックマックの大きさ比較

「ビックマック」は様々な大きさで販売されていた事があります。2019年と2020年に期間限定で「ビッグマックジュニア」と「グランドビッグマック」、「ギガビッグマック」の3種類が販売されました。

「ビックマックジュニア」はパティが1枚になって小ぶりに作られていました。通常のハンバーガーと比較すると少し大きめになっていました。

「ビックマック」を食べてみたいけど、食べきれないという方でも「ビックマック」の味が楽しめる商品でした。

「グランドビッグマック」は「ビックマック」と比較すると1.3倍の大きさでチーズも2枚になっていました。

「ギガビッグマック」は「グランドビッグマック」の1.3倍でパティも4枚とボリューム満点のハンバーガーでした。どのサイズも人気だったのでまた再販されたら嬉しいですね。

「グランドビッグマック」を食べる方法

今はもう販売されていない「グランドビッグマック」ですが、現在のメニューでもこれに近い物を注文する事が出来ます。

それは17時から販売される夜マックの倍バーガーです。

「ビックマック」を倍バーガーで注文すれば、パティが4枚になりボリュームアップします。

チーズの量やバンズの大きさはそのままなので「グランドビッグマック」と全く同じとは言えませんが、似たボリューム感を楽しめます。

スポンサードリンク

ビッグマックが小さくなったのはデマ?【まとめ】

以上が「ビックマック」の大きさについてでした。

実際に小さくなっているのかは分かりませんが、小さくなっていたとしても「ビックマック」の美味しさに変わりありません。

ネット上では「ビックマック」の値段が上がってもいいから大きさは変えないで欲しいという声が多かったです。

確かにビックという名前なら小さくなると悲しいですよね。

「ビックマック」は大きさが売りの1つでもあるので、極端に小さくなるなんてことは考えにくいです。安心して「ビックマック」を楽しんでください。

Follow me!