くら寿司の飲み物総まとめ!無料のものから有料ドリンクまで解説!

くら寿司に行って皆さんは何を飲みますか?ほとんどの方がテーブル席やカウンター席に設置されているお湯を使って、粉末の緑茶を溶かして飲むのではないでしょうか?

もちろん無料ですよね。

お水はセルフサービスでお水が設置されている場所まで行かなければいけませんが、こちらも無料なので緑茶が苦手な方には嬉しいですね。

特に小さなお子さんはお水の方がいいかもしれませんね。

お寿司やサイドメニュー、デザートに加えて、もちろんドリンクメニューもあります。

お茶とお水以外のコーヒーとみかんジュース、りんごジュースは有料です。

それでは、くら寿司で飲み物は持ち込み出来るのでしょうか?今回は、くら寿司で飲み物は持ち込み出来るのかについてみていきたいと思います。

スポンサードリンク

くら寿司の飲み物

無料の飲み物

・緑茶(セルフサービス)
・お冷(セルフサービス)

有料商品

・ストロベリーミルク
・乳酸菌ウォーター
・オレンジ・みかんジュース
・りんごジュース
・宇治抹茶入り緑茶
・プレミアホット珈琲
・プレミアアイス珈琲
・プレミアホットラテ
・プレミアアイスラテ

くら寿司の飲み物は持ち込みできるの?

メニューでドリンクがあります。前述した通り、コーヒーとみかんジュース、りんごジュースですが、こちらは有料です。

そして本題の飲み物の持ち込みは出来ません

じゃあ、飲み物でも無料のお水やお茶なら持ち込み出来るでしょうか。残念ながらこちらも持ち込み出来ません。

これはもし食中毒や何かが起きた場合に、お店のお水なのかお茶なのか、もしく持ち込んだお水かお茶なのかが分からないから、という理由からだそうです。

確かに飲食に関しては慎重になるので納得です。

しかし、これは全てにおいてではなく、小さな子どもの場合は例外です。特に赤ちゃんのミルクも飲み物ですが、もちろん持ち込んでOKです。

そして幼児期の子どもにおいても、普段から飲み慣れているお茶やジュースでなければ飲まない子もいますよね。

どこへ行くにも水筒に入れて、お茶やジュースを持ち歩いてる子も多いのではないでしょうか。

その場合はOKの可能性があるのですが念のため店員さんに一言伝えておくと安心ですね。

くら寿司の粉末緑茶のスゴイところ

ところで、無料で飲むことが出来るくら寿司のお茶、なんとも言えず美味しいですよね。

お寿司にピッタリでそれほど苦みもなく、我が家の子どもはくら寿司の緑茶が好きで、「お寿司に合う~」と言ってよく飲んでいます。

まさに子どもでも飲むことが出来るこの粉末緑茶、実はスゴイんです。

見た目は普通の緑茶のようですが、玄米茶とブレンドされていて香りがよく、香ばしさがたまりません。子どもでも美味しいのは分かるんですね。

これほど評判のよい粉末緑茶、実は気軽に購入することが出来ます。店舗によりますが店頭販売されていたり、くら寿司のホームページからも購入出来ます。

(店頭販売)
・缶 540円
・1缶+詰替用4袋セット→1944円
・詰替用5袋セット→1836円
・詰替用10袋セット→3672円
5000円以上で送料無料ですが、5000円未満では送料600円です。

普通にスーパーで緑茶を買うことを考えればそれほど高いわけではなく、「緑茶はくら寿司で!」というコアな緑茶ファンもいるそうです。

さらに粉末なのにお湯だけではなく、水にも溶けやすく冷たい緑茶としても飲むことができ、お菓子作りにも使うことが出来るので嬉しいですね。

スポンサードリンク

くら寿司の飲み物について【まとめ】

くら寿司に限らず、飲食店で飲み物の持ち込みは出来ないところの方が多いのではないでしょうか。

理由は前述したように、食中毒など万が一のことが起きた場合に、お店のものなのかどうかの判断がつきにくいからですね。

そして常識範囲で考えても、飲食店での持ち込みは控えた方が良さそうですが、赤ちゃんや幼児期の子どもたちにおいては例外です。

ただ、子どもだから・・・と思っていても周りの視線が気になることも多々あると思うのでその場合は、事前に店員さんに一言、伝えておけば安心だと思います。安心して思う存分、美味しいお寿司を楽しみたいですね。

Follow me!