電池を燃えるゴミで出してしまった!後悔しない捨て方を知ろう!

電池のゴミは1度に大量に出るようなものではなく、忘れた頃に数本、また数本と出るのでついゴミ箱へポイっと捨てて、そのままゴミの日に出してしまったことがあるという方もいるのではないでしょうか。

本当はその捨て方、良くないよな〜と思っている方も多いはず。

その通りで、電池をそのまま燃えるゴミで捨てるのは多くの自治体では間違った捨て方に当たります。

スプレー缶やライターの様に爆発することはありませんが発火の原因には十分なります。

電池はその種類によっても自治体の指示に従って分別する必要があります。

今回は電池の正しい捨て方を知って「燃えるゴミで出してしまった!!」と後から後悔することがなくなるようにしましょう。

スポンサードリンク

電池の捨て方の基本

テレビのリモコン、腕時計、家電製品など電池は身の回りにたくさん使われています。様々なものに使用されるため、その形や種類もたくさんあります。

電池はゴミとして捨てる場合とリサイクルするために回収してもらう場合がありますが、どちらにも共通して電池の両端(プラス極とマイナス極)にテープを貼って電流が流れないようにしてから処分する必要があります。

テープはセロハンテープやビニールテープ、ガムテープなどの家にあるもので問題ありません。

これは電池が他の電池や金属と触れた時にショートして発熱、発火することを防ぐためです。捨てようと思って大量にためておいた電池がショートして火災の原因になったこともあります。

電池がなくなって交換する時には、不要な電池は両端をテープで覆うようにしましょう。円筒形の電池だけでなくボタン形やコイン形、角形についても同様です。

それでは主に利用されている電池の捨て方について解説していきます。

電池を燃えるゴミで出してしまった!大丈夫?

電池は以前、有害物質とされる水銀を使用して品質を向上させていました。ですが環境汚染への影響が懸念され、1992年以降の国産乾電池では水銀は一切使用されなくなりました。

よって各自治体で安全に処理することができるようになったのですが、家の奥の方でそれ以前の乾電池が眠っていないとも限りません。

昔の乾電池を燃えるゴミで処理して環境汚染してしまうことを防ぐために、乾電池を不燃ゴミとして出す市町村や有害ゴミとして拠点回収する市町村もあれば、市民の簡便性を考慮して燃えるゴミで出せる市町村もあり、各自治体の方針によって回収方法が大きく異なるようです。

わりと最近購入したばかりの乾電池(マンガン電池、アルカリ電池)であれば、有害物質を含むことがないので電池を燃えるゴミで出してしまったとしても大きな問題はなさそうですね。

コイン形リチウム乾電池は発火性危険物として回収してもらえる場合や自治体の施設に回収拠点を設置している場合もあります。

また、自治体では回収しておらず企業が回収している場合もあります。こちらも自治体によって処分方法は全く異なりました

必ず自治体の処分方法に従って処分するようにしましょう。

ボタン電池の捨て方

ボタン電池は時計やタイマー、体温計や補聴器など様々なものに使われています。こちらは今でも微量に水銀が使われているため、自治体ではなくボタン電池回収缶で回収しているところが多いです。

ボタン電池回収缶は「一般社団法人電池工業会」のホームページから確認できます。

家電量販店やスーパー、ホームセンターなどが協力店になっていて、買い物ついでに気軽に回収してもらうことができるようです。

小型充電式電池の捨て方

小型式充電池にはニカド電池、ニッケル水素電池、リチウムイオン電池があります。

主に携帯ゲーム機、デジタルカメラ、ノートパソコンなどに使用されています。

これらの電池は「ニッケル」、「カドミウム」、「コバルト」、「鉛」などを利用しているためリサイクルすれば貴重な資源として再利用することができます。

リサイクルできるものかどうかは充電池にリサイクルマークが印字されているかで確認できます。スリーアローマーク(3つの矢印)と文字(電池の種類)が表示されています。

こちらが確認できるものは電気製品販売店や自治体施設で回収してもらうことができます。協力店は「一般社団法人JBRC」のサイトから確認することができます。

電動自転車に使用されている小型充電式電池のみ販売店で回収してもらえる場合もあるようです。

スポンサードリンク

電池を燃えるゴミで出してしまった【まとめ】

当然ですが、ゴミとして出してしまった電池を再分別したりリサイクルしたりして対処する方法はありません。

電池を捨てる時の基本は両端をテープで貼って絶縁状態にすることです。これによって火災事故を防ぐことができます。そして、使い切ってから捨てることも大切です。

さらに電池は自治体の処分方法を必ず個人で確認してから処分する必要があります。

特にボタン電池は燃えるゴミなどで捨てると環境汚染の原因になってしまいますし、小型充電式電池をリサイクルしないと貴重な資源が再利用できなくなってしまいます。

普段何気なく使っていた電池ですが、これであなたも捨てる時に間違えて燃えるゴミで出してしまった!と後悔しなくて済みそうですね。

Follow me!