マックデリバリーの最低料金を徹底解説!ウーバーイーツを有効活用しよう

マクドナルドはCMで多くみかけ、店舗も多くあることからたくさんの方が利用されていると思います。

マクドナルドにデリバリーサービスがあることをご存じでしょうか?
コロナ禍である今なるべく外出を控え、自宅で食事をする機会がとても多くなりました。

今回はマクドナルドで4年間アルバイトをしてきた私からマクドナルドのデリバリーについて詳しく説明します。

スポンサードリンク

マクドナルドの最低金額は?ウーバーイーツとの比較!

マクドナルドには配達を行っている店舗があります。
その店舗が近くにない場合はウーバーイーツを使うことになるかと思います。

ウーバーイーツのマクドナルドの価格は店舗価格よりも割高です。
約30円~80円ほど高くなります。

大きな違いとして、マクドナルドの配達可能店舗には最低注文料金というものがあります。

朝マックの場合は1000円以上、通常は1500円以上の注文から配達が可能です。

多く頼む時は良いのですが、1セットだけで良い時や少量を頼みたい時には向きません。

ウーバーイーツは最低金額がありません。
また、マクドナルドだけに限らず、クーポンを配布しているので上手に利用するとお得に注文することが可能です。

マクドナルドとウーバーイーツの配送料の違い

マクドナルドは一律300円の配送料です。

ウーバーイーツの配送料は、地域によって違います。
地域によって異なりますが、一律料金が設定されている地域では1回380円の配送料がかかります。

距離によって配送料が異なる地域では、65円~570円と誤差があります。

そして、ウーバーイーツは配送料の他に手数料がかかります。

ウーバーイーツの一律料金が設定されている地域だとマクドナルドもウーバーイーツも大きく差はありません。

しかし、配送料が高くなる地域はマクドナルドのデリバリーの方が、お得に注文することができます。

マクドナルドとウーバーイーツの営業時間と配送時間の違い

マクドナルドとウーバーイーツでは、注文ができる時間が違います。

マクドナルドは7:00~23:00、ウーバーイーツは9:00~24:00です。
どちらも朝から夜の遅い時間まで注文ができます。

続いて配送時間ですが、マクドナルドのデリバリーよりもウーバーイーツが早く配送してくれるといった感想が多かったです。

早い方だと注文してから5分で自宅に届いたそうです。
出来立てほやほやな商品をデリバリーで食べることができます。

自宅から出て購入しに行くよりも早く手元に届くなんて少し前だと考えられないことですよね。

デリバリーの凄さに驚きました。

ウーバーイーツの配達員をしている知人から聞いた話なのですが、配達先の住所を細かく記載されていると困らずに配達できるそうです。

できる限り分かりやすい記載をするように心がけるようにしましょう。

マクドナルドのデリバリーは、従業員が配達をします。

土日祝日や11:00~14:00のピーク時は対応が遅れることが多いので、この時間や曜日に注文される方はウーバーイーツの利用をおすすめします。

ウーバーイーツにマクドナルドが出てこない場合やトラブル対処方法

ウーバーイーツのアプリでマクドナルドを検索しても出てこない時があります。
それは、配達エリア外や配達員が近くに居ないなどの理由が挙げられます。

配達エリアもよく確認するようにしましょう。

また、「ドリンクがこぼれていた」「注文した商品と違う」「商品が入っていない」などのトラブルがあった場合は速やかにウーバーイーツのサポートに連絡をします。

配送されている方に伝えてもイレギュラーな対応ができません。

スポンサードリンク

マックデリバリーの最低金額は?【まとめ】

マクドナルドとウーバーイーツの総合的な価格やサービスに大きな誤差はありません。
しかし、私はウーバーイーツをおすすめします!

配送時間が早いことと最低料金が設定されていないことは、とても魅力的です。

また、ウーバーイーツはクーポンを使うとお得に利用できるので上手に利用したいですね。

まだまだ続きそうなお家時間をデリバリーで楽しみましょう。

Follow me!