iDeCoでポートフォリオ!40代はどうする?オススメはこれ!

40代の方は、20代30代と比べて、投資について悩む方が増える年代です。

iDeCoについても、これまで投資をしてこなかった方は、今更初めても大丈夫か?投資について何も知らないけれどどうやって始めたら良いのか?と迷っているのではないでしょうか。

また、既にiDeCoで運用をしていた方も、今までの運用方法のままで良いのか?ポートフォリオの見直しをしたいがどうしたらいいのか?と悩まれているかもしれませんね。

そこでこの記事では、40代の方にオススメのポートフォリオを具体的に紹介します!

リスクに対する考え方や、ライフプランに合わせたそれぞれの資産配分を解説するので、ぜひ最後までご覧くださいね。

スポンサードリンク

40代は投資をする上で重要な転換期!

一般的に40代は、仕事では役職がついて収入が増える一方で、家庭のある方は住宅ローンや教育費などの支出が増える時期です。

独身の方は、今後結婚をするかどうか、もし独身で過ごしたいと考えているのなら、ご自身の老後資金やライフプランをどうするかなど、お金について考えることが多くなります。

そのため、40代になると、20代30代の頃よりも投資について悩む方が増えてくるのです。

ところが、60代まで20年を切った40代の方は、若い方に比べて運用ができる期間が限られています

50代になると、資産を増やす攻めの運用よりも、資産を減らさない守りの運用に切り替える必要があります。

40代はご自身のライフプランを考え直す転換期であり、しっかりと腰を据えて運用ができる最後のステージでもあるのです。

40代にオススメのポートフォリオは?

では、40代の方にオススメのポートフォリオはどんな内容でしょうか。

一口に40代といっても、リスクに対する考え方や、今後のライフプランは様々ですよね。

そこで、今回は大きく「積極型のポートフォリオ」「安定型のポートフォリオ」の二つに分けて解説します。

ご自身と照らし合わせながらご覧ください。

積極型のポートフォリオ

積極型のポートフォリオをオススメするのはこんな方です。

・40代から初めて投資をする方
・これまでの運用成果が物足りず、もう少し取り戻したいと考えている方
・独身の方(住宅ローンや教育資金の負担が無い方)

40代から初めて投資をする方や、今後の運用でもう少し取り戻したいと考えている方にとって、40代は長期的に運用ができる最後の年代です。

50代に入ると、資産を増やす攻めの運用よりも、資産を減らさないための守りの運用に切り替える必要があります。

その前に、バランスを取りながらも積極的な運用をして、老後資産を増やしていきましょう。

また、独身等の理由で住宅ローンや教育資金の負担が無い方は、支出が少ない分運用に力を入れることができます。

40代のうちにしっかりと運用して老後資産を増やしておくことで、老後の安心に備えることができるでしょう。

積極型のポートフォリオは次の通りです。

・国内株式30〜35%
・外国株式25〜30%
・外国債券約30%
・国内債券・元本確保型約10%

国内株式をやや多めにしつつ、全体の60〜65%ほどを株式商品に投資しましょう。

配分に不安がある場合は、国内外のバランス型株式商品を購入するのも良い方法です。

しかし、40代の方は残りの運用期間に限りがあるため、債券商品の割合も少しずつ増やしてリスクバランスを取りましょう。

年に1〜2回ほど運用実績を確認して、運用益が出た商品はスイッチングで利益確定を行うことも忘れないようにしましょう。

安定型のポートフォリオ

安定型のポートフォリオをオススメするのはこんな方です。

・住宅ローンや教育資金の負担がある方
・これまでの投資で一定の運用成果を感じている方

40代は住宅や子どもの教育資金など、今後ますますお金が必要になります。

運用以外にかかる支出が多く、あまりリスクを取れないという方は、安定型のポートフォリオをオススメします。
また、これまで長年運用を続けてきて、一定の効果を感じている方は、ここで一旦スローダウンしてもいいでしょう。

今後は将来受給することを意識しながら、ゆっくりと時間をかけて、守りのポートフォリオへシフトしていきましょう。

安定型のポートフォリオは次の通りです。

・国内株式25〜30%
・外国株式20〜25%
・外国債券約30%
・国内債券・元本確保型約15%

主に外国株式の割合を少しずつ減らしていき、株式商品が占める割合を全体の50〜55%程度にしましょう。

その分、債券商品の割合を増やして、安定型のポートフォリオへ切り替えます。

安定型の場合も、年に1〜2回は運用実績を確認して、こまめに利益確定を行いましょう。

スポンサードリンク

iDeCoでポートフォリオ!【まとめ】

いかがでしょうか。

40代は投資をする上で重要な転換期であり、長期的な運用ができる最後の年代です。

今後のライフプランをしっかり立てた上で、戦略的にポートフォリオを組み立てましょう。

40代から初めて投資をする方や、40代のうちにもう少し運用実績を積み上げたいという方は積極型のポートフォリオをオススメします。

今後住宅ローンや教育資金の負担が大きくなる方や、すでにiDeCoでの運用益がある程度実感できている方は、安定型のポートフォリオをオススメします。

また、ポートフォリオの内容も大切ですが、年に1〜2回ほど運用実績を確認して、こまめに利益確定を行うことも重要です。

40代の方は将来の受給を見据えて、バランスの良い運用を心がけましょう!

Follow me!