電子レンジにアース線は必要か?ナシでも大丈夫なのか解説!

電子レンジは普段からキッチンの置いてあるので、あまり気にすようなことがにかもしれませんが、電子レンジのアース線はご存知ですか?

いつも何気なく「チンッ」て音と共に料理を熱々に温めてくれていて、キッチンに普段から置いてある電化製品だからコンセントがあれば大丈夫!と思いますが、実は表からは見えづらいのですが、電子レンジは電源をコンセントに差し込んでいるだけではなく裏でアース線が繋がっています。

電源にコンセントを差し込むだけで使えるじゃん!と思っていませんか?

確かにコンセントだけでも、電子レンジはいつも同じように熱々に料理を温めてくれます。

電子レンジにアース線がなで必要なのか?アース線の必要性は?アース線はナシでも大丈夫なのか?

その疑問について考えてみました。

スポンサードリンク

電子レンジにアース線は必要か?

アース線って必要なの?なくても電子レンジは動くのに!と日頃から思っていませんか?

アース線の必要性は、その電化製品を使う使用者の安全を第一に考えることが目的です。

アース線を繋ぐことで、アース線の本来の役割を成し遂げるのです。

その役目とは漏電です。電子レンジを長年使用していくと、劣化による故障が発生することもあります。

ただの故障だと思っていると、時にはとても甚大な被害が発生します。

漏電することで、知らずに電子レンジを使用すると感電することがあります。感電は人の命にも関わることなので注意が必要です。

また感電だけではなく、火災の原因にも繋がります。
火災は命の危機だけではなく、大切な家にも被害を及ぼすこともあります。

多くの家庭では電子レンジをおそらく水が近くにあるキッチンで使用しているとはずです。

アース線はこのような甚大な被害を出さないために必要なのです。

電子レンジにアース線はナシでも大丈夫?

なんでこんな線がついているんだろう?必要?と疑問に思うことありませんか?

でも何の必要もない線がついている訳ではありません。ついているからにはそれなりに訳あってついているのです。

しかし、電子レンジはアース線を繋がなくても、何の問題もなく作動します。

アース線は繋がなくても作動するから大丈夫!と勘違いしてしまいがちですが、アース線は繋がなくてはいけません

もちろん、アース線ある電化製品は電子レンジ以外の製品も同じです。

2005年10月度に電気設備の内線規程が改訂

これは2005年10月度に電気設備の内線規程が改訂されたことで、アース線はなくてはいけなくなっています。

改訂されてからはアース線は義務化になったことで必ずついています。

ですが改訂前に販売されてた電子レンジにはアース線のついていない製品もあります。

その場合は必ず電気工事をする必要があります。

安全に使用するようにしましょう。

スポンサードリンク

電子レンジにアース線は必要か?【まとめ】

問題なく動くからと言って電子レンジについているアース線を繋がない状態で、そのまま電子レンジを使っていませんか?

それはとでも危険な状態で電子レンジを使っていることになります。

電子レンジについているアース線は2005年10月に電気設備の内線規程が改訂されてからは義務化されています。

確かに知らないと「そうなの?」と思います。なので改訂以降に販売されている電子レンジにはアース線がついています。

アース線を繋がない状態で使用すると、漏電した場合など感電による人命に影響を与えたり、大切な家が火災になってしまうこともあります。

必ずアース線は繋げて電子レンジを使用することで、毎日家庭に温かい料理を出すことができますよ。

Follow me!