冷蔵庫を玄関に置くメリットとデメリットは?知っておいた方がよい注意点もご紹介!

間取りの関係で、「玄関しか冷蔵庫を置く場所がない!!」なんて方もいるでしょう。
一人暮らしのアパートなどでは多いのではないでしょうか?

でも冷蔵庫を玄関に置くことで、何か問題はないの?と気になりますよね。

逆に私が、冷蔵庫を玄関に置いている友人宅にお邪魔した時、「お!これはいい!」と思ったこともありました。

重い冷蔵庫を運ぶのは大変ですので、できれば、冷蔵庫を設置する前にメリットとデメリットを知っておきたいですよね。

冷蔵庫を玄関に置くことのメリットとデメリットをご紹介していきます!!

スポンサードリンク

冷蔵庫を玄関に置くメリットは・・・?

まずメリットからお伝えしていきたいと思います。

私が考えるメリットは、2つあります。

すぐに食材を冷蔵庫に入れられる

1つ目のメリットは、買い物に行ったあと、すぐに食材を冷蔵庫に入れられることです。

私の友人は、毎日自炊をしていますが、仕事で帰りが遅くなる日が多いため、休日に1週間分の食材をまとめ買いしています。

1週間分の食材となると、一人暮らしとはいえ、結構な量になりますよね。それを運ぶのも大変です。

しかし、玄関に入ってすぐに冷蔵庫が置いてあるので、家の中に運び入れる必要がなく、玄関先ですぐに食材を入れることができていました。

それを見たときに「お!これいいじゃん!」と思いました。

玄関の側面を活用できる

2つ目のメリットは、玄関の側面を活用できることです。

冷蔵庫には、マグネットをつけることができますよね。

100均などでマグネットタイプの入れ物が売られています。

そのようなマグネットタイプの入れ物に、折りたたみ傘などを入れることで、玄関の収納としても冷蔵庫を活用することができるのです。

マグネットタイプのフックなどを使えば、マスクをかけておくこともできます。

玄関に置いておくと便利なものを、冷蔵庫に貼り付けておけるのは、冷蔵庫を玄関に置くメリットと言えますよね。

冷蔵庫を玄関に置くデメリットは・・・?

それでは続いては、デメリットを3つお伝えしていきます。

1つ目のデメリットは、地震が来たときに玄関を塞いでしまう可能性があるということです。

地震が来て、冷蔵庫が倒れてしまうと、玄関から外に出られなくなってしまいます。

冷蔵庫は簡単に動かせるものではないので、玄関が塞がれてしまうのは危険ですよね。

地震でパニックになっているのに、玄関が塞がれてしまって外に逃げられないというのは、余計にパニックになってしまいますよね。

既に、玄関に冷蔵庫を置いている方は、耐震対策をきちんとするようにしてくださいね。

2つ目のデメリットは、ほこりが溜まって不衛生ということです。

玄関は、人が出入りする場所なので、ほこりや、靴についた砂などが溜まりやすいですよね。
そのような場所に冷蔵庫を置くというのは、やはり、不衛生かな、と思います。

3つ目のデメリットは、冷蔵庫の故障の原因になってしまう可能性があることです。

これは、どこに置いても同じことが言えるのですが、冷蔵庫と壁には隙間が必要です。
隙間が無いと、排熱ができず、故障してしまうことがあるのです。

冷蔵庫を玄関に置く場合、限られたスペースだと考えられますので、置き場所のスペースも気を付ける必要があります。

スポンサードリンク

冷蔵庫を玄関に置くメリットとデメリットは?【まとめ】

冷蔵庫を玄関に置くメリットとデメリットをお伝えしてきました。

スペースの問題や、地震がきた時のことなど、注意しなくてはいけないことも多いですよね。

しかし、それらの問題を解決することができれば、買い物のあとが楽であったり、冷蔵庫を玄関収納として使ってスッキリさせることができたり、と、メリットもあると思います。

メリット、デメリットを意識して、冷蔵庫を設置してくださいね!

Follow me!