精米と無洗米の違いは?メリットとデメリットを比較してみよう!

お米の種類には精米と無洗米があるって聞いたことありますよね?

その名の通り精米は洗うお米で無洗米は洗わないお米ですね。

どうせならお米を洗わないほうが楽だし、手軽にご飯が炊けるなら無洗米のほうがいいんじゃない!って多くの人がそう感じているのではと思います。

果たして、本当にそうなのでしょうか?やっぱり違いがあるのでは?

今回は精米と無洗米の違いや、そのメリットとデメリットについて調べてみました。

スポンサードリンク

精米と無洗米の違いは?

お米の精米はお米と炊くときに一旦水で洗ってから炊き上げるお米で、無洗米は水で洗うことなくそのまま炊き上げることができるお米ですよね。

ではなで精米のお米は洗わないと炊けないのでしょうか?

普段食べているお米はスーパーなどで買っても白い粒の状態で売られています。
しかし、お米は初めから白い粒の状態ではありません。

お米が白い粒になるためには各地にある無人精米機や家庭用に精米機で精米をするか、もしくは精米状態になったお米を買うことになります。

精米を詳しく説明すると、玄米から白米にかえることをいいます。

籾から取り出した状態の玄米は茶色い糠がたくさんついています。

とてもこのままでは白いお米として炊き上げることはできません。

茶色い糠の部分を削ることで白いお米にしていくことを精米と言います。

そして白い状態になってスーパーなどで売られているのです。

精米されたお米を炊くときに一旦水で洗わなければいけないのは、白い粒のお米になっているのですが、完全に糠が取れている状態ではないため水で洗い流す必要があるのです。

決して糠を食べたかといって身体に何らかの影響がある訳ではないのですが、若干炊き上がったときに、あまり美味しくないので洗い流すのです。

反対に無洗米とは何かというと、その名の通り洗わないお米です。

無洗米のお米はスーパーなどに出荷する段階で洗う必要がないように糠をとり除いているので洗わないで炊き上げることがでいるのです。

これが精米と無洗米の大きな違いになります。
どちらもその名の通りですよね。

お米の精米と無洗米の違い!メリットとデメリットは何?

精米と無洗米の違いってただ洗うお米か洗わないお米ってことでしょ?と思っていることでしょう。

しかしその通りですね。

ではその洗うお米とおらわないお米にはそれぞれメリットとデメリットがあるはず!

そのメリットとデメリットは何?

精米メリット

自分好みの精米度に調整ができることです。

玄米のはたくさんの栄養があるんですが、その栄養を自分好みに残したまま白米にできるのです。

聞いたことがない!という人もいると思いますが、精白度を自分好みに調整できることです。

精白度はお米の糠の落とし具合で決まるのですが、精白度が低い(玄米に近い)とビタミンBやビタミンEなやタンパク質などの栄養が豊富に含まれるのですが、より白いお米になると栄養が低くなっていきます。

2つ目は、無洗米よりも価格が安いのです。
やっぱり手間がかかる分、買うと価格も安くなります。

精米デメリット

炊くときに洗う手間がかかることですね。やっぱりこれが手間なんですよね。

無洗米メリット

そうです。

無洗米のメリットは洗わずにお米が炊けることですね。
手間がかからないことが最大のメリットです。

2番目のメリットは節水できることです。

洗わないということは余計に水を使わないということになります。
よって若干ですが水道代節約になります。

そして、環境に配慮されている。排水溝にお米の研ぎ汁を流さないのは、排水溝に汚れた水を流さないので、もちろん環境に配慮することになりますね。

無洗米デメリット

やっぱり工場出荷の段階から糠を落としてあるので品質が精米と比べると落ちてしまいます。
糠の調整が自分でできないのでどうしても仕方のないことです。

2番目は、手間がかからない分、購入するときに価格が高くなることです。
研ぐ時間がかからないのでその分価格が高くなったということですね。

やっぱり精米と無洗米はどちらもメリット・デメリットがあります。

結果はどちらのお米も美味しいので、お好みで選んでみてはいかがでしょうか?

精米と無洗米の違い!メリットとデメリットを比較

精米と無洗米のメリットとデメリットをそれぞれ比較してみました。

価格

精米・・・安い
無洗米・・・高い

価格は比べるとやっぱり手間のかかる精米のほうが安くて、手間のかからない無洗米のほうが価格が高いのです。

栄養

精米・・・調整できる
無洗米・・・調整できない

無洗米は工場出荷の段階で糠を落しているのですが、精米は自分で調整ができるので、自分好みにビタミンB、ビタミンE、タンパク質を調整できます。

節水

精米・・・水を多く使用する
無洗米・・・水の使用を少なくすることができる。

無洗米は水の使用を少なく抑えることができます。

手間

精米・・・洗う(糠を落とす)手間がかかる
無洗米・・・洗う手間がない

やっぱり精米は洗う手間がかかって、それに比べると無洗米は洗わないので手間がかからないのです。

比べてみると、精米・無洗米どちらも良いところがありますよね。

スポンサードリンク

精米と無洗米の違い【まとめ】

ご飯は美味しく食べたいですよね。

そのご飯に精米か無洗米どちらにするかは、もちろんご自身の好みで食べやすいものを選ぶことが、さらに美味しいご飯を食べるコツです!

精米は、初めから白い粒の状態ではなく無人精米機や家庭用に精米機で精米をしなくてはいけません。

お米を炊くときに一旦水で洗わなければいけません。

無洗米は洗わずに炊けるお米です。

この違いが精米と無洗米の大きな違いになります。

どちらも良いところがありますね。

自分好みやご家庭の都合で、最適なお米を選んで、美味しいご飯を食べてください。

Follow me!