炊飯器の寿命は20年もつ?買い替え時のサインを徹底解説!

炊飯器は日本の家庭でどのくら使用されているかご存知ですか?なんと炊飯器は日本の約90%以上の家庭で愛用されているのです。

そんなにたくさんの家庭で愛用されている炊飯器の寿命は一体どのくらいなのか?その寿命は20年もつ?など炊飯器の寿命は知っている人は少ないのではと思います。

寿命と気づかず炊飯器を使っていると、お米が臭くなったり、味がまずいと感じるようになったり、お米がカピカピになるなど、お米に異変が出ているのに気づくことがあったら、それは買い替え時のサインかもしれません。

炊飯器の寿命は20年?買い替え時はお米が臭い・まずい・カピカピになるなど何らかのサインが出てるかも!

そんな炊飯器について調べてみました。

スポンサードリンク

炊飯器の寿命は20年もつ?

多くの家庭で愛用されている炊飯器の寿命は一体どのくらいなのか!と疑問に思いますね。

もちろん一度家にきたら寿命まで使おうと、誰もがそう思うことでしょう。

ですが炊飯器は一般的には3年から10年が寿命になっているんです。

そのうち内側の平均寿命は3年から5年と劣化しやすいため、寿命が短いのです。

外側は少し長く6年から10年と内側に比べると平均寿命は長くなってます。

内釜も外釜も同じ時期に買ってから使っているのに、こんなに寿命に差があるの?と疑問に思いますよね?

内釜はお米を研ぐのに内釜の中で研いだり、ご飯を炊いた後に長期間ご飯が冷めないよう保温したりと活躍の場が多いことで寿命が短いのです。

確かに内釜は活躍する場面が多いですね!なので劣化も早くなるわけですね!

内側も外釜も平均寿命なので平均すると約6年程度が炊飯器の寿命になります。

炊飯器も機械であることから、炊飯器によっては10年使用できる炊飯器もあるります。

ですが炊飯器も使用している補修用部品が最終製造年から6年が保有期間になっているのです。

これは家電メーカーに補修用部品の保有期間という規則があり決まっていることから、炊飯器の寿命は6年と思ったほうがいいのです。

補修部品がなくなると修理ができなくなってしまいます。

炊飯器の買い替え時のサインは?

毎日のようにご飯を炊き上げてくれる炊飯器も劣化していくことで、いつかは寿命がきます。

もし突然寿命がきたらどうしますか?

食卓に温かいご飯を並べることができなかったり、お子さんのいる家庭ではお子さんのお弁当にご飯が必要になるなど、大変のことになってしまいますよね?

そうなる前に炊飯器の異変に気付きたいものです。

炊飯器の外傷に変化があって使えなくなった場合は、この時点で寿命なのかと判断もつけやすいのですが、外傷がない場合は気づくのに難しいものです。

ですが炊飯器も劣化していくことで何らかのサインはあります。

それは炊き上がったご飯に買い替え時のサインがあるのです。

毎日使う炊飯器だからこそ、炊飯器の異変に気づいて下さい。

買い替え時のサインは?

炊飯器の買い替え時はいつ?と買い替え時に迷っている人はいませんか?

ですが普段使っている炊飯器から異変を感じたことはありませんか?

例えばお米が臭い・まずい・カピカピになるなどです。

異変① 臭い

炊飯器から炊き上がったばかりのお米はツヤがあって、炊き上がりのいい香りがします。これは上手にお米が炊けた証拠ですね。この匂い嗅いだら、もう食欲が湧いて今すぐ食べたくなります。

それが炊き上がったお米から変な匂いがしたらどうしますか?
きっと食欲がなくなり、食べたいという気持ちもなくなります。

異変② まずい

しっかり炊けたお米は茶碗何杯も食べられるほど、食欲を駆り立てます!
それはお米が美味しい証拠ですね。

それが炊飯器で炊いたはずのお米に芯が残ったままだったり、しっかり水は分量通り入れたのにベチャベチャになったりとした状態だったらどう思いますか?

とても美味しいとは思えません。

異変③ カピカピになる

炊飯器には炊き上がったお米を温かい状態のまま保存しておく保温機能があります。
これは炊飯器の中で常に温かい状態に保って、いつでも温かい状態で食べられるようにしておく機能です。

しかし保温機能で保温しておくと、お米がカピカピになってしまい、硬くなってしまうのです。

このような異変が炊飯器に起こることは炊飯器に何らかの異常があるというサインです。

ご自宅の炊飯器にこのようなことが起きていないか注意してみてください。

スポンサードリンク

炊飯器の寿命は20年もつ?【まとめ】

毎日の食卓に美味しいご飯が食べられるのも炊飯器のおかげです。

炊飯器の平均寿命は6年程度が一般的な炊飯器の寿命になります。

炊飯器の内釜の平均寿命は3年から5年で、外釜は6年から10年と平均寿命は長くなってます。

炊飯器の補修用部品が最終製造年から6年が保有期間になっていて、家電メーカーでは補修用部品の保有期間が6年となっていることから、炊飯器の寿命は6年程度と考えられます。

炊飯器の嗅い替え時のサインに気づくと、突然の故障で困ることはありません。

異変① 臭い
炊飯器から炊き上がったばかりのお米変な匂いがする。

異変② まずい
炊飯器で炊いたはずのお米に芯が残っていたり、水を分量通り入れたのにベチャベチャになってしまう。

異変③ カピカピになる
保温機能で保温しておくと、お米がカピカピになって、硬くなってしまう。

毎日、私たちのためには働いてくれている炊飯器ですが、炊飯器にも寿命があって嗅い替え時には炊飯器からサインで知らせてくれます。

炊飯器の異変に気づいて、美味しいご飯を食卓で食べてください。

Follow me!