胡椒のとりすぎによるデメリットとは?摂取しすぎると体に悪い影響がある⁉︎

みなさんのお家にも必ずといってもいいほど、常備してるものの中に胡椒はありませんか?

胡椒はいろいろな料理の味付けや下味の準備などで欠かせない調味料の一つですよね。

胡椒は少し刺激のある調味料であることから、人によってはこの刺激がたまらなく、ついつい摂取しすぎてしまうことも!

そんな胡椒ですが、摂取しすぎるとどうなってしまうのでしょうか?

1日の摂取の目安も気になりますが、胡椒をとりすぎたときの注意点や、そのデメリット、摂取しすぎることによる体の影響などについて調べてみました。

スポンサードリンク

胡椒のとりすぎによるデメリットとは?

胡椒といえばいろんな料理の味付けや、ラーメンの上にかけて食べたりと、その使い方は様々ですよね。

ピリッと刺激のある胡椒は、好きな人にはこの刺激がたまらなく、ついついとりすぎてしまう調味料の一つですね。

この美味しさを知ってしまうと、胡椒をとりすぎてしまう気持ちもわかります!

ですが、胡椒のとりすぎは大丈夫なのでしょうか?

胡椒のとりすぎのデメリットを紹介します。

胡椒は少量でも刺激が強いので、胃や腸を荒らしてしまうことがあります。

もちろん人によって体質が違うので「全然大丈夫!」という人もいることでしょう。

でもみんながそうではありませんし、大丈夫!という人も少しずつ荒れてくることもあります。

加えて強い刺激によって下痢になることもあります。

胡椒に限ったことではありませんが、何でもとり過ぎには注意が必要です。

ピリッとした刺激が欲しいのもわかりますが、くれぐれもとりすぎには注意して下さい。

胡椒のとりすぎには注意!摂取しすぎると体に悪い影響がある⁉

ついついとりすぎてしまいがちな胡椒ですが、実際に胡椒をとりすぎてしまった場合はどうなってしまうのでしょうか?

何でもとりすぎはよくありません!

特に胡椒は刺激の強いもので、一体どのようなことが体に悪い影響があるのかを紹介したいと思います。

味覚障害

味覚障害を引き起こしてしまう原因になります。
とりすぎを慢性的に繰り返すことで、味をあまり感じなくなり、濃い味でも薄く感じてしまい、味がわからなくなってしまうこともあります。
酷くなっていくと冷たいものや温かいものさえも分からなくなることもあります。

胃腸や呼吸器への悪影響

胃腸や呼吸器への影響
とりすぎてしまうことで消化器官を傷つけてしまう原因になります。
体調のよくないときには控えるようにしましょう。

それでも、とりすぎを続けている場合は、刺激の強い香辛料でもあることから咳き込むこともあります。
その咳が喉を傷めてしまい、喘息を引き起こしてしまう場合もあります

人によっては、この影響以外のものがあるかもしれません。

胡椒が美味しいのはわかります!が、とりすぎには注意して下さい。

美味しい胡椒でくれぐれも体を悪くしないようにして下さい。

胡椒の適量の場合の栄養価と効果とは?

ピリッとした刺激を好む人には、たまらない胡椒ですが、実はとりすぎる量を適切にすれば、とても体に良いものだってことをご存知ですか?

もしかしたら、胡椒は刺激のある調味料だよ!としか思っていない人もいることでしょう。

胡椒は適量にとることで体に良いのです。

その栄養価と効果を説明します!

栄養素

胡椒100gの場合

糖質    68.3g
食物繊維  0.1g
タンパク質 10.6

カロリー

7KcaL (小さじ1杯あたり)

効果

血行の改善と発汗作用
胡椒は交感神経を刺激するので、血管が広がって血流をよくする働きがあります。
血流が良くなると体温が上昇して、発汗作用やエネルギー代謝の改善効果があります。

ダイエットや美容効果
体温が上昇してエネルギー代謝が上がることで、体内の脂肪が燃焼されることでダイエット効果が出てきます。
肌の老化を防ぐ効果もあるので美容効果にも繋がっていきます。

消化機能の向上
胡椒には消化機能の向上効果にも繋がっていきます。
消化機能が良くなっていくことで、摂取した食物の栄養の吸収が良くなっていく効果があります。

このように胡椒は適量にとることで健康的な効果があります。

胡椒が美味しいのは十分に理解しますが、とりすぎには気をつけて下さい。

スポンサードリンク

胡椒のとりすぎによるデメリットとは?【まとめ】

胡椒は料理の味付けや下味の準備などで多く使う機会のある調味料です。

胡椒をとりすぎたときや、デメリット、体への影響などをまとめました。

いろいろな料理の味付けなどで使われるピリッと刺激のある胡椒は、とりすぎてしまう調味料の一つです。

胡椒のとりすぎのデメリットがあります。

少量でも刺激が強い胡椒は、胃や腸を荒らしてしまう可能性があります。
体質が違いますが、強い刺激によって下痢になることもあります。

実際に胡椒をとりすぎてしまった場合は体に悪い影響を与えることがあります。

胡椒を適量にとることで健康的な効果を知らなかった!という人もいると思います。

この機会に一度ご自身の胡椒のとりすぎかどうかを見直してみてはいかがでしょうか?

美味しい胡椒だからこそ、とりすぎには注意して下さい。

Follow me!